よくある疑問を解決


キャッシングとは

キャッシングとは、ものすごく簡単に言ってしまえば『お金を借りること』です。

もちろん、お金を借りることのすべてをキャッシングと呼ぶわけではなく、お金を借りることのできるサービスのうち、以下のような特徴を持つものをキャッシングと呼んでいます。

【キャッシングとは】
・あらかじめ契約してある
・上限(限度額)の範囲内で即時お金を借りることができる
・個人同士ではなく、消費者金融や銀行などが個人に対して融資する

基本的には、担保も要らなければ、保証人も要りません。
借りれば、あらかじめ交わされている契約に基づいてお金を返します。
もちろん、慈善事業ではありませんから、借りた金額よりも多く返すことになります。

多くのキャッシングでは、クレジットカードのようなカードを発行していて、ATMやCDなどで簡単にお金を借りることができます。
そうでない場合には、インターネットなどを用いて銀行へ振り込んでもらうような形が多いですね。

他の借入とは異なり、キャッシングは少額を必要なときに借りることができるため、急な出費があったときなどに便利です。
借りたお金の使い道も決まっていないので、自由に使うことができます。

キャッシング、みんなのイメージ

キャッシングは、端的に言ってしまえば「借金」ですから、決して良いイメージはありませんね。
どんなに少額であっても、キャッシングを利用していることを隠しておきたいと考えている人は意外と多くいます。

けれど、キャッシングを利用することに対する抵抗は、昔よりもずいぶんと軽減されました。
その理由の一端は、クレジットカードの浸透です。

クレジットカードには、買い物をするための「ショッピング」枠とは別に、お金を借りる「キャッシング」枠がくっついています。
特別手続をしなければ、ほとんどのクレジットカードは上限10万円程度のキャッシング契約を含んでいるのです。

クレジットカードを1枚も持っていない人は珍しい時代になりましたから、「今月はちょっとだけ足りない」なんて時に、キャッシングを利用できるわけですね。
翌月、翌々月辺りの請求でお買い物分と一緒に返せば良いだけですから、気軽に使えるのです。

ただ、キャッシング専用のカードについては、まだまだイメージは否定的。
本当はクレジットカードのキャッシング枠よりもずっと優秀なのだけれど、「借金前提のカード」は、やはりマイナスイメージが拭えないようですね。

金利は高い?そもそも金利って?

お金を借りようと思うと、必ず「金利」がついてきます。
キャッシングはお金を借りるわけですから、当然「金利」とセットです。

では、金利ってなんでしょう?

金利とは、いわゆる「利息」。
借りた金額と借りた期間とに応じて、余分に返さなければならないわけです。

【金利とは】
借入金額・借入期間に応じて支払う、利息、利子、あるいは利率のこと。
金利そのものは%で表すので、利息・利子とは厳密には意味が異なる。

商売は儲けがなければ立ち行きませんね。
お金を貸すという商売では、この金利が儲けになるのです。

さて、金利は%で表されますが、何に対しての割合でしょうか。
はい、借りた金額に対しての割合です。

消費税が5%なので、これを例に取りましょう。
1000円の商品を買えば、消費税5%がついて1050円を支払いますね。
基本計算は同じ。
1000円借りれば、金利5%がついて1050円を返す。
ただ、キャッシングの場合には「借りていた期間に応じて」計算をするので、こんなにスッパリとはいきません。
実際には日割り計算をします。

計算の方法はまたの機会にして、ひとまず「借りたら金利に応じて利子を払わなければならない」と覚えておきましょう。

はじめての人を歓迎します

キャッシングの商品案内を眺めていると、「はじめての人を歓迎します」的なことばを見かけることがあります。

これには、二種類の意味があります。

まずひとつは、審査が非常に楽なのです。
キャッシングは「あなたにお金を貸しますよ」という契約なので、当然きちんと返してくれそうな人とだけ契約をします。
過去にキャッシングの履歴がない人ならば、過去に返せなかった事実もないので、安定した収入があれば基本的には問題ありません。
「ぜひうちで初めてのキャッシングをどうぞ」というわけです。

もうひとつは、集客目的です。
キャッシングは、同じところで繰り返す場合が多いので、最初に契約してもらいたいとの戦略。
初めてでキャッシングについてよくわからない人向けに、要点を簡潔に説明したり、初回は金利を下げるとか、最初の何日かは金利を取らないとか、策を講じているわけですね。

注意したいのは、初めての人を歓迎していることが、良い金融商品であるとは限らないということ。
あまり知識のない人をターゲットにしている場合も多いので、充分な比較検討をおすすめします。
特に、多重債務や「ブラック」まで歓迎している消費者金融には気をつけましょう。

大人じゃなければ貸せません

時折、「未成年でもキャッシング利用はできるの?」と質問されます。

答えは、「No」。

というのも、キャッシングのほとんどは担保や保証人のない、いわゆる「信用貸し」。
社会的信用に基づいてお金を貸してくれる契約なのです。
ですから、社会的信用のない未成年では、キャッシングを利用することはまず不可能です。

とはいえ、若干の例外がなくはありません。
学生用の特殊なクレジットカードや、お店のショッピングカードなどに、数万円程度のキャッシング機能が付くことはなくはないからです。
また、20歳を基準にせず、18歳を基準にする場合も非常に多くあります。

ただ、基本的には大人にしか貸せません。
年齢ばっかり大人でも貸せません。
社会的に信用のおける、ちゃんと返してくれそうな大人にだけ貸すのです。

ケチだなぁ、絶対返すのになぁ、と思う人はいることでしょう。
けれど、貸す側には「貸し手責任」と呼ばれる責任があります。
消費者金融であれ、銀行であれ、企業はきちんと経営をして従業員を守っていく義務がありますから、返せそうもない人に貸すのは貸す側に責任が問われるのです。

キャッシングは、社会的に認めてもらえる「大人」にだけ利用できる、便利な金融商品だと覚えておきましょう。

安定した収入って何?

キャッシングを利用するには、「安定した収入」が必要不可欠です。

では、ここでいう「安定した収入」とは何を指すのでしょうか。
これには、金融機関によって判断の分かれるところです。

近年増えている考え方としては、アルバイトやパート、フリーターなどであっても、ある程度の額が定期的にあると証明できるのならばそれは「安定した収入」であるというものですね。
働き方が多様化しているため、こういった考え方は増えています。
また、専業主婦であっても、旦那様の収入が安定していて奥様の「収入」が安定している場合でも「安定した収入」とする場合もあります。

ただ、未だに根強い「安定した収入」の考え方は、会社員等で同じ場所に長く勤めて定期的に収入が見込める人。
自営業でもかまわないけれど、ころころ仕事が変わったりせずに、今後も同じだけ仕事や収入が見込めることが重要視されるわけです。

仕事が変わるということは、今後仕事がなくなるかもしれないということ。
だから、同じフリーターであっても同じ場所に長く勤務している人と、ころころ勤め先の変わる人とでは審査の結果が異なってくるわけです。

会社員であれば、他の条件で引っかからない限り、「安定した収入」で審査落ちすることはありません。

本人確認書類はどれが有利?

キャッシングの契約には、必ず「本人確認書類」が必要です。

本人確認書類として認められているものはたくさんあり、基本的にはどれを提出してもかまいません。

【本人確認書類】
・運転免許証
・健康保険証
・パスポート
・国民年金手帳
・母子健康手帳
・身体障害者手帳
・住民基本台帳カード など

基本的には、運転免許証か健康保険証を提示する人が多いですね。

特別どれを出したから有利でどれを出したから不利、なんてことはありませんが、強いていうならば健康保険証では職業や収入が推測できるということでしょうか。
例えば、健康保険証が公務員のものであれば、信用は大きくなります。
国民健康保険証であれば、社会保障のある会社に就業していないことがわかり、多少不安材料になります。

ただ、職業や収入については、申込書で自己申告してある場合がほとんどですから、特別偽っていない場合にはあまり大きく左右することはありません。
派遣社員やパート・アルバイトである場合には、社会保障の有無により収入の裏付けとなる場合はありますから、できれば国保から社保に切り替えておきたいところではありますね。

もっと気をつけるべきは、期限と住所です。
現住所と異なっているのは特に問題ですよ。

どこで申込みするの?

申込む場所は、はっきりいって様々です。

最近特に多いところでいえば、インターネット上にある申込フォームですね。
いくつかの個人情報を入力して送信すれば、申込が完了します。
その後、本人かどうか、申し込んだかどうか、審査結果はどうか、などの連絡が入るのを待つわけです。

インターネットでの申し込みが、もっとも簡単です。
自分で入力しますから、手書きする書類は最小限で済みますし、レスポンスも早いです。
もちろん、契約の際には契約書を書かなければなりませんし、本人確認書類も送らなければなりませんが、これはなかなか楽な方法です。

最近は減りましたが、無人契約機で申し込む方法もあります。
運転免許証を使って本人確認を行うもので、画面に出る質問に答えていくだけで申し込みが可能なので、これも便利です。

窓口へ行って、直接対面して申し込む方法もあります。
なんといっても、疑問点はすぐに質問することができるのが魅力です。
ただ、キャッシングに対する世間のイメージがあまり良くないため、消費者金融の窓口へ直接赴く人は少ないですね。
銀行の窓口であれば、相談しやすいかもしれません。

インターネットでの申込が主流になっていますから、使えるのならばインターネットを利用するのがおすすめです。

店頭窓口の注意点

店頭窓口でキャッシングの申し込みをする人は、最近では極少数になってきています。
それは、インターネットの普及と「人に見られたくない」という心理が大きく影響しているためですが、それでも店頭窓口での申込受付はなくなりません。
それなりに、需要はあるということです。

店頭窓口でキャッシングの申し込みをする場合には、まず本人確認書類を持っておきましょう。
キャッシングの契約には、必ず本人確認書類が必要になります。
免許証や保険証など、現住所と合致する住所が記載されていることを確認しましょう。

店頭窓口での申し込みの際には、身なりや姿勢、言葉遣いなどにも気を配ります。
直接対話をしますから、ここであまり顕著にマイナスイメージができてしまうと、書類審査で微妙なラインになってしまった場合、融資してもらえるかどうかに響きます。

逆に、店頭窓口で好印象を持ってもらえる人ならば、審査に通る可能性が上がります。
実は、無人契約機やインターネット等の審査の方が、相手が見えない分審査基準がきつくなっている金融機関があるのです。
実際に会ってみて印象が良ければ、よほど他の条件が悪すぎない限り融資を受けられるという通説があることを覚えておくと良いでしょう。

自動契約機は見られている

誰にも会わずに、しかもすぐにキャッシングのカードを発行してもらえる。
それが「自動契約機(無人契約機)」の良いところです。

しかしながら、実は誰にも見られていないわけではないのです。

というのも、監視カメラが常時稼動しているから。
あんな狭い空間の中に、何台もの監視カメラがあるのが普通なのです。
しかも、監視カメラの映像は録画タイプではなく、近くの支店などに転送されている場合が多く、遠隔チェックされているものなのです。

というのも、本人確認書類である運転免許証が、偽造だったり他人の物であったりする不正行為が後を絶たないからです。
つまり、他人の名前でお金を借りてやろうというわけですね。

他人の運転免許証を使用して、無人契約機を使用した場合、まずバレます。
運転免許証の写真と、契約に来た人物が同一かどうかを判断できるほど、普通の監視カメラとは比べものにならないほどの解像度を兼ね備えているからです。

行動が怪しい人もチェックされている場合が多いです。
妙にそわそわしたり、キョロキョロと挙動不審ではいけないのです。

一方的に見られていることを良く理解し、窓口での契約と同等かそれ以上にしっかりしなければなりませんね。

ネット申込みの利便性

最近ほとんど主流になっているのが、インターネットでのキャッシング申込です。

24時間いつでも申し込みができる上、誰とも会わずに申し込みが完了します。
後日、電話等での確認や説明はありますが、金融機関の人と会うこともなければ、金融機関で知人に会うようなこともありません。
誰にも知られずにキャッシングの手続を終えたいと考える人は多いですから、現在主流となっているのは納得です。

また、インターネットでの申し込みは、その後の処理が早いのも特徴です。
必要なデータを、本人が入力してデータ送信を行なってくれているため、単純に業務処理が早いからです。

また、急いで欲しい人も多いので「スピード審査」を掲げている商品も多くあります。
法改正で多少スピードが遅くなったものの、やはりインターネットでの申し込みはスムーズに進む場合が多いですね。

融資もインターネットで受けられるような商品であれば、お金を引き出すのも普通の銀行口座で済んでしまいます。
カードローンのタイプも便利ですが、本当に誰にも知られたくないのであれば、申し込みから融資までがすべてネットで済むような商品の検討も良いです。

ただ、不正が多くなっているのも事実。
身に覚えのない請求には注意しましょう。

ホントに誰でも貸してくれるの?

特別差別するようなことは、基本的にありません。
金融機関は信用が大切ですし、近年は弁護士が介入するケースも増えているので、問題がなければ誰にでも貸してくれるのが普通です。
むしろ、妙な差別をするような金融機関では契約しない方が良いです。

ただ、この「問題がなければ」の基準は、各金融機関、各商品ごとに異なります。

例えば、10年前に破産手続を行った人。
破産・免責はいわゆるブラック、つまり信用情報機関に事故情報として載り、最低7年は消えることがありません。
ところが、その事故情報が消えた後に「もう問題がない」と判断してくれる金融機関もあれば「過去に事故情報があったと独自に記録されているから貸せない」金融機関もあるのです。

「安定した収入」の定義も異なります。
年収がいくら以上であれば良いのか。
会社員でなければならないのか、派遣社員やパート・アルバイトでも定期収入が確認できれば良いのか。
そういった細かい条件は、それぞれに違うものなのです。

ですから、「誰にでも貸してくれる」のは本当だけれども、審査条件はきつかったりゆるかったりするわけです。

自分が借りられるかどうか、よく吟味して申し込むことが大切ですね。

審査、年齢の重要性

キャッシングの審査において、意外と重要なのが年齢です。

まず、18歳未満、または未成年は門前払いにあいます。
これは、キャッシングが信用貸しであることを考えても、日本の法律を考えても、当然のことです。

18歳以上だったり、成人していたりしても、若い世代は収入が少ないものですから、融資金額の上限はかなり低くなるのが普通です。
20歳の学生さんが、いきなり50万円の融資を申し込んでも通ることはないでしょう。

かといって、年齢が高ければ良いかといえば、むしろ年齢が高い人の方が融資は厳しくなります。
ある程度の年齢であれば、収入も貯蓄もそこそこあって当然であるのに融資が必要であるというのは、収入が少ないか、不安定か、または使い方が荒く計画性がないということになるからです。
しかも、あまり年齢が高くなると、定年までの年数も考えなければなりませんから当然厳しくなります。

そう考えると、もっとも借りやすいのは働き始めて3~5年程度の20代会社員でしょうか。
結婚式等でパタパタと物入りになって……なんてパターンであれば、借入目的も納得がいきやすいですから、借りやすい年齢であると言えるでしょう。

審査、連絡先電話番号で何を見る?

キャッシングの審査では、必ず電話番号が必要です。
固定電話でも携帯電話でもかまわないのですが、電話連絡がつかない人に貸してくれる金融機関はまずないでしょう。

なぜなら、支払いが滞った場合の第一督促は電話なのです。
支払いが滞った場合に、もっとも困るのは連絡がつかなくなることです。
電話をかけて、郵送で送って、それでもダメならば法的手段へ、というのが一般的な金融機関の督促対応です。

さて、以前は固定電話がなければ信用が低いとされていたのですが、最近では少し事情が異なります。
固定電話を持たず、携帯電話のみで生活している人が「一般的」と呼べるほどに増えているからです。
逆に、これだけ携帯電話が普及している中、携帯電話を持っていないという人は、それだけ生活が苦しいのではないかとの判断から、審査が厳しくなる場合もあります。

電話に関しては、固定電話と携帯電話の両方があるのがいちばんです。
固定電話は住所の証明にもなりますし、滅多に番号を変えることはありません。
けれど、実際に携帯の方が連絡がとりやすく、収入の基準にもなる。
少しでも審査を通りやすくしたいと思うのであれば、固定電話と携帯電話の両方を書いておくことをおすすめします。

申込みから融資までの流れ

キャッシングにも、いくつか種類があります。
クレジットカード一体型、カードローン、ネットキャッシング、来店型キャッシング等……
それぞれ多少異なりますが、ここではもっとも一般的な流れだけを説明しましょう。

【申込みから融資までの流れ】

1. Webや郵送、来店等で申し込みをする

2. 審査

3. 契約

4. 融資

審査の前後には、いくつかの書類が必要です。
最低限、本人確認の書類が求められます。
他に、収入を証明する書類や住所確認書類などが必要になることがあります。

審査では、個人の「信用情報」というものを調べて判断します。
他にどこかで借りていないかとか、クレジットカードの支払いが滞っていないかとか、『この人にお金を貸して、きちんと返してもらえる?』かどうかを見るわけです。
ほかに、きちんと返せるだけの収入が期待できるかどうかなどについても審査されます。
当然、ここで「貸せません」となれば、契約はできません。

審査が無事に通過できれば、書面で契約を交わします。
この契約書は、法的にも認められる契約ですから、よくよく中身を読んでおきましょう。

融資の方法やタイミングはいろいろです。
こちらも申込前に確認しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加